BIKES

go up

共同開発で実現した剛性UP

go up(剛性を上げる)フレームとは、東北大学工学研究科教授の堀切川一男氏と共同開発したフレームである。フレームの軸となるハンガー(BB部分)に特殊加工を施すことによりハンガー周りの剛性UPへと生まれ変わり、踏み込んだパワーが推進力へとつながる。

YAMAMOTOのフレームデザインに決まりはない

一つ目の目的を達成するために日常生活に眠るヒントを追求し、フレームデザインに落とし込むgoupデザインは、プロ競輪レースに使用するフレームにも採用している。

photo
東北大学工学研究科 堀切川一男教授
  • SPEC
    frame size 540mm
    head size integral 1-1/8
    tube KAISEI 8630R(Full Over Size)
    fork carbon
    color navy × fluore screen yellow
    F・Rend 100mm / 130mm
    seat post φ27.2mm
  • PRICE

    フレーム&フォーク参考価格
    250,000円(ヘッドバーツ、BB、税別)

    完成車参考価格
    547,000円(税別)


  • BIKE PHOTO
  • BIKE PHOTO
  • BIKE PHOTO
  • BIKE PHOTO
  • BIKE PHOTO